プロテスタントの家族葬

プロテスタントの家族葬 プロテスタントの家族葬は、日本の主流の葬儀とは慣習が違うものの白布をかけて仔机にタオルや油壺及び十字架などを置く枕飾りを作り、主である神と交わる為の7種類の秘術を施す終油の秘跡を行います。
司祭は、パンとブドウ酒を口に含ます事で復活が保障される聖体拝領の儀式が行われ、仏教式で行われる読経に代わり聖書の朗読や聖歌の斉唱などが行われます。
カトリックでは、故人の罪を神に詫びて許しを請うと共に永遠の命を得られる様に祈りますが、プロテスタントは故人が主である神の側へ行ける様に祈りを捧げ、比較的葬儀の形式にあまりこだわらない特徴があります。
しかし、家族葬は拝金主義の葬式仏教だけで無くキリスト教式で執り行われるケースが増加傾向にありますが、宗教に由来する一切の慣習やしきたりを排除した形態で実施する遺族も多く、遺族と極限られた親族や知人だけが集まって故人の冥福を祈るだけの葬儀や葬儀すら行わない葬儀も増加しています。

無宗教の家族葬

無宗教の家族葬 宗教や慣習にとらわれない自由な葬儀を行うことができる無宗教葬は、故人の生前の趣味だったり好きだったものを取り入れることができます。
決まりがありませんが、逆に悩んでしまうのが内容です。
故人の好きだった音楽を流したり生演奏を取り入れることも可能です。
故人の趣味や生前使っていた品物を展示したりと段取りは自分達で決めることが出来ます。
自由度が高いため一般的な葬儀とは全く異なるため、親戚によっては反対意見があるケースも少なくありません。
ごく身内だけで行う家族葬や故人が生前から決めていた遺言として、自由さを求めているのであれば、反対されないようにしっかり打ち合わせをしておきます。
生前から決めてある場合には家族葬という形ではなく、多くの仲間や生前懇意にしていた人達を呼んだお別れ会という形にしてみるのもおすすめです。
無宗教葬に掛かる費用は、遺体の搬送費や火葬費用などのほかにどんな式にするかによって、会葬者の飲食費用などが異なります。
自由度が高い分、掛かる費用ははっきりしないため、業者へどんな式にしたいか相談してみるのが一番です。