個別訪問が増えて忙しくなる?

個別訪問が増えて忙しくなる? 近年多くの参列者が葬儀に出席する一般葬が減って、家族やごくわずかな知人だけで見送る家族葬が増えてきています。家族葬は亡くなった人を心から悲しむ人達だけで静かに別れを告げられるだけでなく、経済的にも負担が少ないとあって人気があるのです。遺された家族にとってこの葬儀は利点が多いのですが、問題点も出てきています。それは葬儀があったことを知らず、また家族葬で参列できなかった人達が後日個別にお悔やみのために訪問してくるケースがよくあるからです。
その訪問が多いと家族はそれだけに時間を取られ、時には外出することもままならないということもあります。訪問された方のお気持ちを考えればむげに断ることもできません。あらかじめ伝えておけるならば、できれば個別ではなく、まとまっていらっしゃって下さいとさりげなく伝えておくのも一つの方法です。家族葬がもっと一般的になってくると、その後の個別訪問は迷惑になりかねないので避けるべきだということも浸透してくるはずです。

家族葬ならではの面倒なポイント

家族葬ならではの面倒なポイント 家族葬を行う場合、参列者が親族や友人などに限られているので、アットホームな葬儀にすることができます。香典返しや飲食物の準備も少ないので、喪主や遺族にとっては経済的な負担も軽減できるというメリットがあります。一方で、家族葬ならではの面倒なポイントがあります。
それはご近所や会社関係者などに家族葬として葬儀を行うので参列を辞退してほしいという旨を知らせることです。回覧板などでまわしたり、会社関係者にそれぞれ連絡をしなければならないという面倒な部分があります。また昨今では家族葬の認知度は高まっていますが、高齢者の中には葬儀は盛大に行うことがマナーであるという考えをもっていたり、葬儀の日程を知らせてくれなかったことで機嫌を悪くする人も少なくありません。そのような方たちにも納得してもらえるように、丁寧な説明が必要になります。面倒なことですが、これからの先の人間関係を良好にすることを考えて、粘り強く説明をしましょう。