家族葬ならではの自由葬

家族葬ならではの自由葬 家族葬を選択する家庭が増えてきていますが、その理由は自由葬と言われており、自由に故人を送りだす事ができるからです。
生前に話しを家族と聞きに行き、予算やプランを相談するケースも多いです。
話しをしておくことで、お互いにその時まで不安を抱える事なく過ごす事ができます。
また、プランを考えることを楽しみとして捉える事もできます。
好きな音楽を流して行う家族葬や思い出の写真を会場に飾る家庭もあります。
家族葬に参列した方が悲しみだけではなく、楽しく故人の思い出を語る事ができる場所を提供できるように工夫するケースが増えてきています。
自由葬にする事で、料金が高くなるという事はないです。
反対に予算以内でおさまったと答える方が多いです。
家族葬を専門に行うところも多くなっている為、予め予算を伝えておく事でスタッフが見合ったプランを提案してくれる事もあります。
オーダメイドを大事にするところも多く、後悔することなく葬儀を行える点が利用する上でのメリットです。

家族葬後に埋葬をするまでの流れ

家族葬後に埋葬をするまでの流れ 家族葬後は、火葬場に棺を搬送すると共に火葬前に最後のお別れを行い荼毘に付され、火葬後にお骨を拾って骨壷にお納め自宅の祭壇や仏壇で大切に安置及びしっかりと追悼を行います。
しかし、葬儀が簡略化及び規模の縮小により火葬と共に四十九日法要を行う事無く埋葬する遺族も増加しています。
葬式仏教では、秦広王から五道輪廻王までの十王によって裁かれ死者の行き先が決定される四十九日法要後に埋葬され、四十九日法要は遺族や近親者の極限られた内輪で菩提寺の僧侶による読経が行われます。
1周忌法要は、故人が亡くなった満1年目の祥月命日に遺族や親族及び故人の友人など限られた内輪で執り行われています。
家族葬は、比較的新しい葬儀形態である事から特別な葬儀だと思われる方もいますが、従来の葬儀の規模を縮小した形態なので葬儀後の流れは従来の葬儀と全く同じなので、年長者の経験や知識が役に立つので困った時には両親や祖母に聞けばスムーズに事が運びます。