香典の辞退は明確に伝える

香典の辞退は明確に伝える 最近の葬儀では以前のような形式ではなく家族葬という形をとる、ご家庭も増えてきています。
この家族葬ではごく近しい友人や家族親族のみで行うものが多く、その際の香典について悩む方が多いのではないでしょうか。
受け取ってしまうと葬儀中に受付などで対応しないといけなくなり、ゆっくりと故人を偲ぶことが出来なくなりますし、葬儀後には必ずお返しを用意しないといけません。
辞退する場合は訃報で送る時に、しっかりと一般の方の参列を断るような一文を入れて、さらに誠に勝手ながら、御香典や御供花の儀は固くご辞退申し上げるという一文もつけておく必要があります。
電話で伝える時もあくまで、故人の遺志により、辞退させていただくということを明確に相手に伝えておくとスムーズに葬儀も済みます。
ただし、どうしてもお世話になったので故人のために渡したいという方がいたら、一度は断り、もしそれでも渡そうとするようであれば、ありがたく受け取るのもマナーかもしれません。

家族葬で葬儀を済ませたけど香典返しは必要なのか?

家族葬で葬儀を済ませたけど香典返しは必要なのか? 家族葬を選んだ場合、身内だけが参加し他の参列者は参加しないのでその場で香典を頂くこともないのが普通です。
しかし、個人と縁のある方などは後日香典を持参しお参りに来たり、香典を辞退する旨を伝えてあっても頂くこともあるでしょう。
その場合は家族葬であってももちろん香典返しが必要になりますが、目安としては49日が過ぎてから頂いた金額の半額から三分の一程度の金額の物をお渡しします。
香典返しの品物としては、お茶や海苔の他にもお菓子や調味料、洗剤などの消耗品もありますが、最近では先方が好きなものを選ぶことができるカタログギフトも増えています。
カタログギフトなら頂いた金額に合わせて選ぶことができますし、香典が少額であっても対応できるのでどんなものを選んだらいいのかと迷わなくてもすみます。
品物を選んでお渡しする時は、先方の家族構成や好みなどを考慮しましょう。
必要のない物を渡すことになれば故人も残念に思うでしょうし、面倒でもよく考えてから選ぶことをお勧めします。