家族葬のいいところは、家族だけで、ひっそりと葬儀が済ませられることです。
しかし、同時に費用面も家族だけで賄わなければなりません。
そうなった時に、リーズナブルな価格の斎場を選ぶというのが、大切になってきます。
そして家族葬と一言で言っても、それは宗教によって形式は様々です。
仏教ではお坊さんがお経を読み、成仏を祈る。
しかし一方で、キリスト教では、神父さんが聖歌を歌い、聖水をお棺に注ぎ、献香し、それでようやく、葬儀を始めることができるのです。

宗教によって家族葬も形式が多様!

宗教によって家族葬も形式が多様! 家族だけで済ます、密やかなお葬式、それが家族葬です。
その家族葬で考えなければならない事が、まず費用面でしょう。
そこでご紹介したいのが、NHK放送でも紹介された、「シンプルなお葬式」です。
この斎場は、亡くなった家族を温かく見送ると同時に、費用もリーズナブルに済ますことができるという、一石二鳥の斎場です。
そして、ひとくくりに家族葬と言っても、宗教の違いなどによって、様々な形式があります。
例えば、仏教では、お棺に入った御遺体の前で、お坊さんがお経を読み、成仏を祈る、というのがよくある形式です。
しかし、キリスト教の家族葬では、お経ではなく、聖歌を歌います。
そして、神父がお棺に聖水を注ぎ、献香します。
これが終わってようやく、開始期の辞が述べられ、葬儀が始まるのです。

仏教の家族葬

仏教の家族葬 家族葬は、自由な形式で行うことが比較的やりやすいスタイルだと言われていますが、やはり従来の葬儀でよくあるように仏教式で行う場合が多いと言えます。
葬儀の流れに関しても、基本的には従来の葬儀と同じであり、病院で臨終すると、自宅や安置所へご遺体を搬送して通夜を行い、翌日に葬儀・告別式を行うという流れになります。
仏教式で家族葬を行う際の注意点としては、宗派によって異なる部分も多いということです。
読経の種類や焼香の仕方、そして数珠の持ち方が異なりますし、葬儀で使用する仏具等にも細かい違いがあります。
ですので、どの宗派なのか分からないという場合は、あらかじめ調べておくことが重要です。
そして僧侶へ渡すお布施については、本来決まった金額というものがないため、いくらにしたらいいのか分からないという場合も多いでしょう。
相場としては45万円程度だと言われていますが、宗派などによって相場が違うこともあるため、分からない場合は同じ宗派の親戚などに尋ねてみるのもよいと言えます。
また菩提寺がある場合は、そこへ連絡をしなかったり、その宗派の決まりを守らないで葬儀を行うとトラブルになる恐れがあるため、事前の連絡や確認をしておくことが必要です。

葬儀に関する情報リンク

愛知県刈谷市で葬儀に関して24時間親身に応えてくれます。

刈谷市対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式